AMD RADEON 超高解像度の使い分け方 2023年版 (FSR/RSR/RIS)

概要

RADEONのGPUでゲームをフルスクリーンで奇麗に拡大表示する機能が年々増えてきましたので使用用途別にまとめます。
使用を検討する優先順位は FSR -> RSR -> RIS の順になります。

FSR (FidelityFX Super Resolution)

用途

新しいゲームを全画面表示でプレイする際にGPUの処理能力が不足する場合に使用します。ゲーム側で機能が提供されている必要があります。
HUDはネイティブ解像度でレンダリングされるので画質面では一番有利です。

設定方法

ゲーム内のオプション設定画面でFSRをONにします。 またレンダリングの解像度(または倍率)をモニタサイズより小さく設定します。

RSR (RADEON Super Resolution)

用途

  • 新しいゲームを全画面表示でプレイする際にGPUの処理能力が不足する場合に使用します。
  • 古いゲームをきれいに全画面に拡大表示する際に使用します。
  • 利用できるゲームはデスクトップ(画面解像度)を小さく変更してから全画面表示するタイプのゲームのみです。ゲーム終了後にデスクトップのアイコンが移動してしまったり、ほかのアプリのウインドウが小さくなってしまうタイプです。

設定方法

  • Amd software adrenaline edition を起動し、対象ゲームの設定欄より RADEON Super Resolution を ON にします。
  • ゲームを起動します。ゲームの解像度をモニタサイズより小さく設定し全画面表示します。
  • ゲーム動作中に Alt-z キーを押してサイドバーで RSRが動作していることを確認します。
  • もう一度 Alt-z キーを押してサイドバーを非表示にします。

RIS (RADEON Image Sharpening)

用途

  • 画面解像度は変更せずにモニタサイズに合わせて自前でウインドウのサイズを変えて全画面表示するタイプのゲームに対して使用します。
  • ゲームのレンダリング最終段階でシャープネスのフィルターをかけます。アルゴリズムはRSRに近いのですがすでにゲーム側で拡大処理が終わっている分画質面で不利です。

設定方法

  • Amd software adrenaline edition を起動し、対象ゲームの設定欄より RADEON Image シャープニング を ON にします。
  • ゲームを起動します。
  • ゲーム動作中に Alt-z キーを押してサイドバーで RISが動作していることを確認します。スライダーを移動するとお好みで効果の強さを変更できます。
  • もう一度 Alt-z キーを押してサイドバーを非表示にします。

補足 Lossless scaling (有料)

ウインドウ表示のゲームを奇麗に拡大して全画面表示するアプリです。
拡大時のアルゴリズムがいろいろ選べます。 全画面表示ができないゲームや全画面表示でトラブルが発生するケースに使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA