EPSONのUSBスキャナー使用時の変色と帯模様への対応

概要

EPSONのUSBスキャナにて、プレビュースキャンをした際に画像全体が紫や黄色かぶりになってしまった時の対処方法です。

普段の手順

エプソンのスキャナーでは電源を入れる際(または初回スキャン時)に色補正の初期スキャンが行われているらしい。
したがって、電源を入れる前に原稿はスキャナーから取り除いてふたを閉じておく。

変色してしまったときの対応

プレビューやスキャン画像の色があからさまにおかしいときには、以下の手順でやり直します。

  1. スキャン用のソフトを終了し、スキャナーの電源を切る。
  2. 数分待つ。
  3. 原稿台になにも載せていない状態でふたを閉じ、スキャナーの電源を入れる。
  4. スキャナーの電源ランプが点滅している時(ウォームアップ中)には、そのままの状態でしばらく待つ。
  5. EPSONスキャンなどのソフトを起動し、ふたを閉じ原稿を載せていない状態でプレビューし、白紙が表示されることを確認する。
  6. 原稿を載せていない状態でスキャンし、EPSONスキャンを一旦閉じる。これにより前回スキャンした変色データが消去されます。
  7. 全体が白の画像がスキャンできることを確認する。
  8. 原稿を載せてスキャンする。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

“EPSONのUSBスキャナー使用時の変色と帯模様への対応” への 1 件のフィードバック

  1. スキャン時の帯模様で故障と思い買い替えを考えていたのですが、こちらを拝見し、上記の方法で復旧しました。
    非常に助かりました。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA