図でわかるExcel2003をシングルウィンドウ(SDI)で開く方法

投稿日: カテゴリー タグ

概要

Excel2003 で .xls ファイルを開く時、SDIモード(1ファイルにつき1つのExcelウインドウで開く)で開くようにする手順です。
Windows7 でタスクパーのポップアップサムネイル機能を使う場合に設定します。
作業自体は2枚の画像のレジストリ値を設定するだけです。レジストリ操作に慣れている方はテキストを読み飛ばして構いません。

手順

・regedit.exe を実行します。
・HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell 以下に \SDI\command キーを追加します。
・\SDI\command キーの規定の値に excel.exe のパスと /e “%1” を連結した文字列を設定します。〈図を参照〉
excelreg1

・HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell の規定の値に 「SDI」 を設定します。
excelreg2
以上で手順は完了です。

備考

作業内容自体はexcelをSDIにして便利に使う | しゅうのめもてふを参考にしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA