Mac OS X 10.3 のHDD交換手順(USB外付けドライブケースを使用する場合)

○概要
以下の機器を使用してMac OS-X 10.3 の起動用HDD(Macintosh HD)を交換しつつ、中身をそのままコピーして引き継ぎます。

・iBook G4,Power Bookなどのノート
・2.5インチIDE HDDを外付けUSBにするハードディスクケース

○前提となる問題
OS 10.3 では、Install Disc1をドライブに入れた状態でCキーを押しながら起動することにより、ディスクユーティリティを使用してディスクの復元・複写ができる。
しかし、外付けUSBドライブは認識できない。(10.3.9にアップデートされているHDDでブートしたときには認識される)
(Firewire接続が出来る場合には、この問題は発生しないのでそちらをおすすめします)

○手順
・新しいHDDをUSBで接続します。
・ディスクユーティリティ(Application/Utilitiesフォルダ内)を起動して新しいHDDを初期化します。(必要ならパーティーションを区切ります)
こちらのサイトより、Carbon Copy Cloner 2.2 日本語版をダウンロードします。(本家サイトからは2.3がダウンロード出来ますが、日本語版OS X 10.3では動作しません
・Carbon Copy Clonerの実行ファイルをApplicationフォルダにコピーし、実行します。
ソースディスクに現在の起動ドライブ(Macintosh HD)を指定し、ターゲットディスクに新しいHDDのドライブを指定します。
・鍵マークのボタンをクリックして管理者パスワードを入れます。
・クローンを作成ボタンをクリックし、コピーを開始します。
・コピーが終了したらMacの電源を切ります。
このへんのサイトを参照しながら内蔵HDDを交換します
・電源を入れて起動を確認して完了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA