エアコンマットそよハーフ の騒音対策(ファン交換)

投稿日: カテゴリー

概要

エアコンマットそよ(ハーフサイズ)のファンは質が低く、風切り音が睡眠を妨げます。
その対策として、麦茶堂「仮」 ATEX エアコンマット そよ ハーフAX-HM1201Hを参考にファンを交換しました。
具体的な作業手順をまとめます。

用意するもの

・PC用60mmファン 2ピン、または2ピン変換コネクタ付き(静かなもの)
・すきまテープ
・プラスドライバ(2番)
・はんだ
・熱収縮チューブ (絶縁用)
・ハンダゴテ

手順

・通常の洗濯時と同じ手順でネジを1本手で回し、本体ユニットとマットを分離します。意外と空間が広いので細工はしやすいです。

・本体ユニット裏面の6本のネジをプラスドライバーで取り外します。6本のうち1本はシールで隠れています。
・コジリなどを使いながら本体ユニットを上下に展開します。

・ファンと基盤を接続しているコネクタを取り外します。
・ファンの周囲の4本のネジを取り外し、ファンを取り外します。

・ファンにつながっていた2本の線を切断し、新しく接続するファンのケーブルにはんだ付けします。ハンダ付けの経験がなければカシメ工具でも可。ただしショートしないように絶縁するのを忘れずに。
今回はたまたま購入したファンに2ピンと3ピンを変換するケーブルが付属していたため、そちらを加工しました。

・新しいファンの周囲にすきまテープを貼って振動対策をします。
・分解と逆の順序で組み立てれば完成です。

補足

エアコンマットそよのファンは日本電産の D06K-12TS2 でした。2ピンのコネクタですが、PC用の2ピンコネクタよりも大型で互換性はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA