Yahooオークションにて自動的に再出品を行う greasemonkey スクリプト(フリーソフト) – yahooAutoRelist

概要

日本のYahooオークション(ヤフオク)にて複数の商品を再出品する greasemonkey スクリプトです。
色々なフリーソフトを使ってきましたが、余計なタグが追加されたりするものが多かったので制作しました。
Firefoxのgreasemonkey用スクリプトですので、Windows,Mac,Linux等で動作します。
以下のページよりダウンロードできます。

YahooAutoRelist

なお、誤動作による損害は保証いたしかねますのでご了承ください。

基本的な使い方

・上記のサイトよりスクリプトファイルをダウンロードしてインストールします。
・Yahooオークションにログインします。
・Yahooオークションの出品終了分-落札者なしのページを表示します。
・自動再出品の確認ダイアログが表示されるので、OKボタンをクリックします。

・複数のタブが開かれ、再出品処理が完了します。

オプション設定

greasemonkeyの管理画面より、yahooAutoRelistの編集を選択し、スクリプトの先頭付近の設定値値を書き換えます。

// *** customize begin 

var TIMEBELT = 22;		// 終了時間の時間帯。 0 から 23;
var STOP_BEFORE_SUBMIT = 0;	// 0 か 1を指定。 1 を指定すると 出品を確定する直前で停止します。
var RESUBMIT_NUMBER = 0; // 出品時に指定する自動再出品の回数。 0 から 3 のいずれかを指定
var WAITTIME = 3000;	// It will wait this time on Item input page. (milliseconds)

// *** customize end

TIMEBELT
出品する時間帯を0から23で指定します。
STOP_BEFORE_SUBMIT
1を設定すると、出品直前の確認画面で処理を停止します。出品確定前に人間がチェックをする場合に指定します。
RESUBMIT_NUMBER
出品時に指定する自動再出品の回数。1から3を指定します。

制限事項

現在のバージョンではオークションの終了日は指定できません。前回出品時の日数が引き継がれます。
Firefox 16との組み合わせでで動作確認済みです。chomeは一部関数の動作の違いにより動作対象外です。
バージョン1.4で自動再出品回数が指定できるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

“Yahooオークションにて自動的に再出品を行う greasemonkey スクリプト(フリーソフト) – yahooAutoRelist” への 13 件のフィードバック

  1. 使ってみました。
    自動再出品を設定することは可能でしょうか?

  2. 自動再出品回数に2や3を指定することは現状では対応しておりません。
    技術的にはできそうですが、Yahooは自動再出品に冷たい(出品無料対象外等)のであまり気が進みません。

  3. 上げられなくなってしまったんですが、原因がわからないです。
    【Yahooオークション(JP) 自動再出品】
    一覧に表示されている商品の自動再出品処理を行います。よろしいですか?
    「はい」を押してもページが開かないです。。。

  4. まずはスクリプトを無効にして手動で再出品ができるか確認してください。(できない場合は出品状況を確認)
    次にFirefoxのポップアップブロック機能が邪魔をしていないか確認してください。

  5. 少し前から使用させて頂いております。linuxで再出品が出来るので大助かりです。つい先日linuxを再インストールし、ダウンロードしようと思ったのですが、ダウンロード先に接続出来ないようです。ご確認お願いしますorファイルを頂けませんか。宜しくお願いします。

  6. userscripts.org がダウンしっぱなしですね。ミラーのリンクを暫定的に増やしました。

  7. 試しに十数件を無事に再出品出来たのですが、数百件単位での再出品は可能でしょうか? メモリやブラウザのクラッシュの可能性はありませんか? ご返答の程、よろしくお願いいたします。

  8. 出品終了分ページの1ページ目の項目のみを再出品しますので、おそらく50件か100件ほどが上限になります。
    それ以上の件数については出品終了分ページを手動でリロードして手順を繰り返していただく形になります。
    自動化されたい場合にはスクリプトを改変していただくか、Autohotkey等で自動化を試みて下さい。

  9. ご返答ありがとうございました。 これからも、利用させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA