[FL]ダイナミックテキストとアンチエイリアス

投稿日: カテゴリー

ダイナミックテキストを配置し、内容をアンチエイリアスで表示するにはフォントを全て埋め込む必要があります。 日本語を使用する際は容量に注意しましょう。 No related posts.

IllustratorからFlash書き出し時の重なり

○症状 IllustratorからFlashにswfファイルを書き出し、Flash側で不透明度(アルファ)を設定した際、パスが重なっている部分の後ろのオブジェクトが透けてしまうことがあります。 (特に後ろのオブジェクトが濃い色だと目立ちます) ○対策 Illustrator側でswf書き出しを行う前に、パスファインダの「合流」を対象パスに対して実行しておきます。   関連記事: Illustratorから書き出したSWFファイルにて、一 … “IllustratorからFlash書き出し時の重なり” の続きを読む

Illustratorから書き出したSWFファイルにて、一部の文字が欠けるときの対処

投稿日: カテゴリー

●症状 Illustratorで作成した文字データを、アウトライン化してからFlash用のswfに書き出しを行った際、まれに文字の一部が欠落することがあります。 ●対処 Illustrator側でswf書き出しを行う前に、アウトライン化の文字をグループごと選択し、(ALTまたはコマンドキーを押しながら)パスファインダの合流を実行します。 その後、swf書き出しを行います。 ●原因 「な」や「は」といった複合パスで閉区間が打ち抜かれた文字 … “Illustratorから書き出したSWFファイルにて、一部の文字が欠けるときの対処” の続きを読む

[クラフトロボ]カット可能範囲

A4版クラフトロボ(CC100-20)のカット可能範囲は画像のとおり。 (単位はmm) なお、角の3つのトンボマーク(L部分)近辺は、クラフトロボの説明書では印刷不可になっています。 しかし、角の交差部分にかからなければ、ある程度トンボマークに重なっても正常にカットされます。 No related posts.

クラフトロボのトンボの太さ

Illustrator等から印刷とカットを行う際、クラフトロボ用のトンボを印刷しますが、トンボ線の太さを標準の太さ(1.4pt) より細めに設定することにより、加工精度の向上を狙います。 インクジェットプリンタの最適値 0.75pt なお、インクジェットプリンタ+光沢保護シート貼り付け時では、0.50ptの太さではクラフトロボに認識されませんでした。 No related posts.

[css]リンクの下線を表示しない

投稿日: カテゴリー

スタイルシートでリンクの下線を表示しない記述指定 a { border-bottom-style: none ! important ; } 関連記事: マウスカーソルが乗ったとき、divの背景色とカーソルを変える方法

javascriptで新規ウインドウを横幅固定で開く時の注意

投稿日: カテゴリー

<A>タグに対し、(javascriptを使用して)URLを新規ウインドウを横幅固定で開く指定をする時には、javascriptがoffの端末でもリンクが開くように、下記のように通常のリンクも指定するのを忘れずに。 (return falseがミソ) サンプル <a href=”リンク先.htm” mce_href=”リンク先.htm” onClick=”window.open(リンク先.htm’,’subwin’,’width= … “javascriptで新規ウインドウを横幅固定で開く時の注意” の続きを読む

cssのfloatで上下左右分割レイアウト

投稿日: カテゴリー

tableデザインを改め、スタイルシートのfloat属性で段組をする際の注意事項。 ○ADP:floatレイアウトでつまづかないためのTips http://adp.daa.jp/archives/000250.html No related posts.