Virtualboxで仮想マシンにアクセスできない時の修復方法

投稿日: カテゴリー
概要

Virtualboxにて、「アクセスできません」や「could not find an open hard disk with uuid」が表示されて仮想環境が起動できないうえに設定画面も表示できない場合の対処方法です。
ソフトはVirtualbox 4.1 を想定します。

手順
  • Virtualboxを起動してVirtualboxマネージャーのGUI画面を表示します。
  • 「新規」ボタンをクリックして仮想PCを新規に作成します。(仮想環境の名称は以前のものとは別の名称にします)
  • 仮想ハードディスクの選択画面にて「既存のハードディスクを使用」を選択し、以前使用していたディスクイメージを選択して仮想環境を作成します。
  • 仮想環境の設定画面を表示し、ビデオメモリのサイズやネットワーク機器を設定します。
  • 仮想環境の制作が完了したら、Virtualboxの管理画面で古い破損した仮想環境を削除します。
  • 古い仮想環境の定義フォルダとファイルを手動で削除します。(Windowsならエクスプローラー等を起動します)

    削除するフォルダが不明な場合は新しい仮想環境の設定画面を開き、「スナップショットの復元先」から推測します。
    (新しい仮想環境の定義フォルダを削除しないように注意)

  • 新しく作成した仮想環境の設定画面を開き、仮想環境の名称を古い名称に変更して保存します。

以上で手順は完了です。

補足

この問題は、仮想環境のシャットダウン時にエラーで処理が中断し、ディスクイメージやスナップショットのuuidと仮想環境の定義ファイル内のuuidが食い違ってしまうことが原因のようです。
(Virtualbox 4.1系の不具合)
ディスクイメージのメンテナンス画面がまだ表示できる場合には、そちらで対処可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

“Virtualboxで仮想マシンにアクセスできない時の修復方法” への 1 件のフィードバック

  1. Virtualbox 5.1 on Macbook Airで同じ現象が起こり、この手順で無事解決しました。定義ファイルは vbox拡張子ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA