pdic unicode版で発音記号を正しくインストールする方法

投稿日: カテゴリー

○概要
pdicのunicode版(バージョン 5以降)での発音記号フォントを正しくインストールする手順です。
pdicのunicode版ではpdic32時代のsilipa93フォントは使用できません。
英辞郎初版CDの音次郎(otojiro.txt)などを使用する場合でも、unicode対応のフォントを使用する必要があります。

○手順
Doulos SIL Font Downloadより、Unicodeに対応したDoulos SIL Font (Windows installer と書かれているファイル)をダウンロードし、インストールします。

pdicを起動し、表示フォントの設定画面で発音記号フォントにDoulos SILを指定します。

適当な単語で検索し、正しく発音記号が表示されることを確認できれば完了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

“pdic unicode版で発音記号を正しくインストールする方法” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA