flvファイルをswfファイルに埋め込む際の注意

投稿日: カテゴリー

○概要
flashの動画flvファイルを、flashを使ってムービークリップに埋め込むときの注意点です。
○詳細
・通常、flvファイル専用のムービークリップを作成し、そのムービークリップを再生したいステージに配置します。
ですので、ムービーの階層構造は以下のようになります。

再生するステージ(root) 
     L flv格納用ムービークリップ
           Lflvファイル

・ムービークリップにflvを埋め込んだときには、そのムービークリップのフレームレートはflvファイルのフレームレートにあわせる必要があります。
・また、flv格納用ムービークリップのタイムライン長はflvファイルの再生時間分確保する必要があります。
初回に埋め込んだときは自動で警告メッセージが表示されますが、flvファイルのシンボルを「入れ替え」したときなどには警告が表示されないため、注意が必要です。

○なぜか動画の再生が途中で止まってしまうとき
動画埋め込み先のムービークリップのタイムラインが不足していないか確認してください。(原因は上記項目)

○タイムラインの同期がずれるとき
 flv格納用ムービークリップの特定の時間(タイムライン)にて、フレームスクリプトを記述した際、動画の位置とスクリプトが実行されるタイミングが数秒ずれることがあります。
(対策)
Flash video encoder等でflvファイルを作成する際、エンコードの設定画面で「キーフレームの間隔」に小さめの値を設定します。
(秒間30フレームの動画なら、「キーフレームの間隔」に30を設定すると1秒ごとにキーフレームが入ります。なお、このキーフレームはFlash用語の方ではなく、動画関連用語のキーフレームです)

○それでもダメなとき
flvファイルを埋め込まず、flvplaybackコンポーネントを使用して外部flvファイルを再生しましょう。
使い方はヘルプにわりと詳しく記載されています。
最低限flvplaybackコンポーネントをステージ上に設置し、 flvplayback.play(“ファイル名.flv”)  を実行するだけでも再生できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA