auのezwebメールとgmailのメールを相互に転送する方法

概要

auのメールアドレスと gmailのメールアドレスを使用している時、auのメールアドレス宛のメールをgmailのメールアドレスに転送し、さらにgmailのメールアドレス宛のメールをauのメールアドレスに転送する方法を解説します。
そのまま設定すると発生する一通のメールが何回も往復してしまう問題にも対処します。

サンプルの前提

以下の2つのメールアドレスを使用している場合の例になります。
auのメールアドレス (abc@ezweb.ne.jp)
gmailのメールアドレス (zxy@gmail.com)

au側の設定手順

auで公開されている手順に基づき、携帯電話やスマートフォンから gmailへのメールの転送設定を行います。
ただし、gmailのメールアドレスの2文字目にピリオド「.」を入れたアドレスを設定します。

gmailのメールアドレスが以下のアドレスの時

zxy@gmail.com

以下の文字列を転送先メールアドレスとして入力します。

z.xy@gmail.com

参考
受信したEメール(@ezweb.ne.jp)を他のアドレス宛に自動転送したい │ au Q&Aプラス

gmailのサーバーではメールアドレスの@よりも左にピリオドを入れても、ピリオドなしのアカウントでメールが受信されます。

gmail側の設定手順

PCブラウザ版のgmailの設定ページを表示し、「メール転送とPOP/IMAP」より転送先アドレス(abc@ezweb.ne.jp)を追加します。ただし、追加登録するだけで転送自体は無効にしておきます。

設定 – フィルタとブロック中のアドレス より 新しいフィルタを追加 を選択します。
フィルタの 含まない 欄に以下のようにau側で設定したピリオド入りの文字列を設定します。

deliveredto:z.xy@gmail.com

gmail

この検索条件でフィルタを作成 を選択します。

この検索条件に一致するメールが届いたとき: ページにて 次のアドレスに転送する を選択し、auのメールアドレス (abc@ezweb.ne.jp) を指定します。
フィルタを作成 ボタンを選択します。

以上で手順は完了です。

補足

本記事の設定後にはgmailアドレス宛に送ったメールはgmail側に2通重複して到着しますが、gmailのサーバーでは Message-Id が重複するメールは一番先に到着したメールのみ表示する仕様になっているため、gmailクライアントで重複して表示されることはありません。

参考
1つのGmailメールアドレスを複数に使い分けるビジネス管理法 | ネットビジネスで独立!ハイブリッドパパの未来への価値創造ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA