AksFridge及びSentinel LDK License Manager サービスの削除方法

投稿日: カテゴリー タグ

概要

ライセンス認証系のサービス AksFridge と Sentinel LDK License Manager を停止して削除する手順です。
なお、これらは Voiceroid+ 等でのライセンス認証に使われているので通常は削除する必要はありません。

すべきこと

Adobe digital editions のアンインストール(事前に)
Sentinel LDK License Manager の停止とサービス削除
AksFridge の停止とサービス削除

手順

・services.msc を実行し、サービス一覧から Sentinel LDK License Manager サービス が動作していることを確認します。
・スタートメニューより コマンドプロンプト を 管理者として実行します。

以下の2つのコマンドを実行してサービスの登録を削除します(ファイルは削除されません)

C:\>sc.exe delete hasplms
[SC] DeleteService SUCCESS

C:\>sc.exe delete aksdf
[SC] DeleteService SUCCESS

必要であれば以下のファイルを削除します

C:\Windows\System32\drivers
aksdf.sys
aksfridge.sys

以上で手順は完了です。

補足

aksdfはドライバ扱いですので普通のサービス一覧には表示されません。以下のコマンドで確認できます。

sc query type= driver
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

“AksFridge及びSentinel LDK License Manager サービスの削除方法” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA