Visual SVNとTortoiseSVNがESETにブロックされる時の対処方法

概要

Windows版のVisual SVNとTortoiseSVNを使用している環境でESET SMART SECURITY 8を導入した際にESETのファイヤーウォールでSVNの機能がブロックされてチェックアウトやコミットがエラーに鳴る時の対処方法です。

手順

・Visual SVNをインストール済みのサーバーにてESETのメニューを表示し、設定 – ネットワーク より 対話フィルタリングモードに切り替え を選択します。
・TortoiseSVNをインストール済みのクライアント端末より、いつもどおりSVN の更新 やチェックアウトの処理を実行します。
・サーバーにてESETのファイヤーウォール対話ダイアログが表示されるので、通信内容がSVN関連であることを確認して 許可 を選択します。(だいたい2項目必要です)
・サーバーにてESETのメニューを表示し、設定 – ネットワーク より 自動フィルタリングモードに切り替え を選択します。(必要に応じて)
・SVNの動作確認をして手順完了です。

補足

動作速度などが遅い場合は必要に応じて ESETのプロトコルフィルタリングの対象外に設定します。
(設定 – 詳細設定 – Webとメール – プロトコルフィルタリング – 対象外のアプリケーション)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA