GoogleAnalytics でイベント関連のテストをするときの注意事項

概要

GoogleAnalytics でイベントを集計するコードを作成した後、その動作をテストするときの注意事項です。

リアルタイム表示

近頃になってリアルタイム表示機能が追加され、イベントやページ閲覧の記録がリアルタイムで表示できるようになりました。もう翌日までテスト結果待ちになることはありません。
GoogleAnalyticsのレポートメニューより リアルタイム – イベント で参照します。

フィルタの解除

アナリティクスの設定よりアカウント及びビューに対して自分(または自社または特定ドメイン)を除外するフィルタを設定している場合、必要に応じて一部解除します。フィルタリングされている状態ではイベントも集計されません。

GoogleAnalyticsにログインしているユーザーは集計対象外

GoogleAnalyticsにログイン(またはGoogle関連サービスにログイン)しているユーザーは集計対象になりません。Googleにログインしていないブラウザか、別の端末か、別の仮想PC内のブラウザでイベントを発生させる必要があります。
特にリアルタイム表示を使用しているとうっかりやりがちです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA