iTafがフリーズして時刻表示が停止してしまう場合の対処方法(OS X)

投稿日: カテゴリー タグ

概要

OS X 10.4 にて iTunes を自動で再生するソフト iTaf が頻繁にフリーズする場合の対処方法です。
頻繁にスリープ状態を使用していると発生しがちです。

手順

・「システム環境設定」のウインドウにて「日付と時刻」をダブルクリックします。
・日付と時刻のせっていがめんにて、日付と時刻タブ内の項目「日付と時刻を自動的に設定」のチェックを外します。

以上で完了です。

補足

当然ながら時刻の自動同期機能が無効になりますので、たまに有効にして時刻を補正します。
フリーズする原因は、iTafの時刻確認動作とシステムの時刻の補正機能が同時に動作した時、iTaf が時刻を取得できずにエラーになっているためと推測します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA