Virtual PC 内の英語版Windowsで日本語表示をする(Windows CDの無い人向け)

概要

Virtual PC 内の英語版WindowsでIE(IE6,7,8)などを使った時、そのままではブラウザ内で日本語を表示することは出来ません。その対策としてLanguage PackをWindows セットアップCDなしで日本語を表示できるようにする手順のまとめです。
主にVirtual PC 用のIEテスト用イメージファイルをダウンロードしてきた時が該当します。

前提

・ホストOSは日本語版Windows
・ゲストOSはWindows XP SP2や3 の英語版とIE
※WindowsXPまでのMSゴシックと、Vista,7以降の MSゴシックのフォントファイルは互換性がありません。適切なバージョンのファイルを使用してください。

手順

・Virtual PCで英語版Windowsを起動します。
・ゲストOSのWindows/Fontsフォルダをエクスプローラーで開き、ホストOSのWindows/Fontsフォルダ内の日本語フォント(msgothic.ttc)ファイルをドラッグドロップしてにコピーします。
・デスクトップを右クリックして 画面のプロパティ>デザイン>詳細設定(英語版では Properties>Appearance>Advanced)の設定画面を開き、各表示項目のフォントをMSUIGothicに設定します。
ie8b
・IE8のオプション画面より General > Languages を選択し、 Addボタンを押して Japanese [ja-jp]を追加します。
ie8

以上で日本語サイトを閲覧できる環境になりました。

関連

仮想マシンの時刻同期機能を無効にする(Virtual PC編)
Internet Explorer Application Compatibility VPC Image

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

“Virtual PC 内の英語版Windowsで日本語表示をする(Windows CDの無い人向け)” への 7 件のフィードバック

  1. ド素人でトンチンカンですがご容赦。
    まずゲストOS(XP)の中身が表示できず、フリーソフトGizmoを導入してゲストOSのWindows/Font表示まではたどりつきましたが、ホストOS(Vista)もゲストもFontフォルダーの読み取り専用属性によりコピーできません。Microsoftのサポートを見ると、属性を解除すると他の機能に問題が生じるとのことて、立ち往生しています。他の方法をご伝授いただけますか。

  2. まずホストOS側ですが、読み取り専用であってもファイルのコピー元として使う分には問題は無いはずです。(vistaだけ違ったらすいません)
    ゲストOS側は、一旦フォントをゲストOSのデスクトップなどにコピーした後、エクスプローラーでFontsフォルダを開き、そこにフォントファイルをドラッグドロップします。(コマンドラインのcopyコマンドで無い点にご注意)

    記事の記述が不正確でしたので更新しました。

  3. 検索してたどり着きました.
    私もVirtualPCを使う機会があったので
    本当にこの記事は参考になりました.
    ありがとうございます.

  4. ホストOSからゲストOSへ、フォントを入れるとき、エラーが起きます。
    なぜこうなるかわかりますか?

  5. 原因はいろいろありますが、ゲストOSへのファイルのコピー方法もいろいろありますので、別の方法を試してみてください。

    ・Virtual PCのウインドウ内へドラッグドロップ
    ・共有フォルダ経由でコピー
    ・いったんUSBメモリにコピーしてから、USBメモリをゲストOSへマウント

  6. すぐのお答えありがとうございました。
    Vistaの方ならできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA